Massie's Private Room

皆さんようこそ! 僕の部屋に招いたお客様にお話しするように書き綴ってまいります。

4月、5月のLive Schedule

ライブスケジュールの更新がいつも遅れてしまって申し訳ありません。みなさんいかがお過ごしでしょうか? このcovid-19問題については、もう何をコメントすれば良いのか、僕はもうわかりません。 ただ、自分の身も生活も、自分で守るしかありませんので、最大限の注意を払って生き抜くことをいつも考えています。 そんな中でもライブシーンは死んではいません。 多くの関係者が言ってらっしゃることですが、演奏会場ではこう言う時期だからこその演者と聴衆の一体感が生まれています。 それを体感していただくことは、我々演者にとってはこの上ない喜びとなるでしょう。 反対にお客様が来てくださらなくても、こういう時期ですから、それはそれでしかたのないことだと思っています。 音楽家という職業を選んだ我々は、そう言うリスクは覚悟の上でこの世界に飛び込み、生きています。 上手くいかないことを誰かのせいにしたり、誰かを恨んだりすることはありません。 

さて、少ないながらも期待感の高まるライブばかりですので、事情の許す方々には是非ライブ会場に足を運んでいただきたいです。 特にバンドリーダーでもあります僕にとって、4月8日のOMD+1は最重要ライブですので、是非とも皆様に見ていただきたいです。 ちなみにその先のOMDのライブは、まだ決まっていませんので、この機会にぜひ!

皆様のお越しを心からお待ちしています。


4月6日(火) 茗荷谷 Galleria&Cafe U_U
堀 秀彰(p) 増原 巖(b) DUO

4月8日(木) 江古田 そるとぴーなつ 
OMD+1《増原 巖(b) 市原ひかり(tp,vo) 石田 衛(p)
 +1 安藤正則(ds)》

4月21日(火) 南青山 BODY&SOUL
井上 智(g) New album “9 songs” 発売記念ライブ
《竹本和広(p) 増原 巖(b) 高橋慎之介(ds)》
special guest ルイス・バジェ(tp) 多田誠司(as)

4月29日(木) 江古田 Live in Buddy
川村隆英(tap) 堀 秀彰(p) 馬場孝喜(g) 増原 巖(b)

5月4日(火) 荻窪 Rooster
向井滋春(tb,cello)Group 《増原 巖(b) 他》

5月11日(火) 六本木 All Of Me Club
しげのゆうこ(vo) 生田さち子(p) 増原 巖(b) 高橋 徹(ds)

年末までの Live Schedule

9月後半以降、今週末まで、本当にライブが少なくて寂しかったんですが、そろそろ来週以降多種多様なライブが入っていて、楽しくなりそうです。海野くんの支援コンサートでは、初めての配信ライブというのをやりますし、Big Apple in Nonoichiなんて、大昔に出演したことがあるイヴェントに再び出演できるのがとても嬉しいです。井上智さんのアルバム発売記念ライブ関係もとても楽しみですし、12月、クリスマス直前のOMD+1は本当に楽しみです。

皆様のご来場を心よりお待ちしています。

11月12日(木) 江古田 そるとぴーなつ
井上 智(g)3《増原 巖b, 横山和明ds》

11月15日(日) 海野雅威さんを支援する配信コンサート 詳細
増原は、14:40から、諸田富男(ds)グループに出演。
諸田富男ds, 宮本やすしtp, 宮崎勝央as, 岡崎正典ts, 紅野智彦p, 増原 巖b

11月22日(日) Big Apple in Nonoichi 2020
<出演者>
ルイス・バジェtp, 多田誠司as、fl,
井上智g, 増原巖b, 武本和大p, 高橋信之介dr

ユーリック知子vo, 中本美智子vo
<ホストバンド>
ムーンライトJAZZオーケストラ poster

11月24日(火) 南青山 BODY&SOUL
井上 智(g)4《竹本和広p, 増原 巖b, 高橋慎之介ds》

11月25日(水) 六本木 Club t
Fukumi vo, YOKO JK vo, 三木成能p, 増原 巖b

12月10日(木) 六本木 ホオキバスクエア
佐々木優花(fl)3《井上 智g, 増原 巖b》

12月11日(金) 荻窪 Rooster
向井滋春(tb,cello)グループ《村田千紘tp, 道下和彦g, 増原 巖b》

12月15日(火) 茗荷谷 Galleria Cafe U_U
堀 秀彰p, 増原 巖b DUO

12月17日(木) 六本木 Club t
三木成能p, 増原 巖b,他

12月21日(月) 六本木 Satin Doll
井上 智(g)4《竹本和広p, 増原 巖b, 高橋慎之介ds》

●12月22日(金) 南青山 BODY&SOUL
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 横山和明ds》

 

大学でジャズを教えるということと、オンライン授業。

僕は埼玉県川越市にある尚美学園大学という芸術・情報系の大学において、実技レッスンと大学院のアンサンブルのクラスを受け持っています。この学校で教え始めてもうそろそろ10年くらいになるでしょうか。本当にいろんなタイプの生徒と関わってきて、その度に思うのはマニュアルは通用しないということです。実技レッスンもアンサンブルのクラスも生徒ごとにクラスごとに全くやり方を変えています。相手はみんな違う一個人ですから、ある生徒に効果のあったやり方を、他の生徒に当てはめようとしても、全く通用しません。ジャズの演奏に必要な技術を身につけるための自作のエチュードみたいなものは、その間に膨大な量作りました。でも、それを整理して、ある一定の順番で生徒に与えていけば、成果が現れるということを僕は経験したことがありません。ジャズの演奏上達のための教材は無数に出回っており、当然、基礎から実践に向かって進んでいくように作られていて、それを頭から全部こなしていけば、成果が得られるように作られているのでしょうが、それは不特定多数の人に対応するように便宜的に作られたもので、1対1のレッスンというのは、そういう教本以上の成果を上げられないと存在価値は無いと思うのです。アンサンブルのクラスはもっと複雑になります。ジャズといってもいろんなスタイルがあり、生徒のレベルもまちまちなアンサンブルの授業で、全ての生徒に満足感を与えることは至難の技です。実技レッスン、アンサンブルのクラスも、まずは生徒を知ることから始めます。現在の演奏技術のレベルはもちろん、音楽の嗜好、性格の特徴、音楽を演奏する上での目標地点。他にもいろいろあります。それゆえ、どんな実技レッスンも、アンサンブルのクラスも毎回オーダーメイドです。

いやいや、ちょっと待ってくれ。そこまで至れり尽くせり、生徒の機嫌を伺ってまで生徒に合わせる必要があるのか。という考えもあるでしょう。真っ当なカリキュラムさえあれば、それをやるかやらないかは生徒次第で、やるやつは上手くなるし、やらなければ上手くならない。それで何か問題があるのか。昔の僕ならそう思っていたかもしれません。上手くも無いのに努力もしない人に、昔の僕は興味がなかったからです。では、今はどう考えているのか。まず、前提として知っておいて欲しいのは、僕は生徒にとってはかなり厳しい教師だと思います。でも、全ての生徒に対して、「この先生と関わることができて良かった。」そう思われたいんです。欲張りかもしれませんが、正直な気持ちです。そのために自分にできることには、労を惜しみません。たとえ給料をもらうためにやっていることとは言え、そうしないと自分自身が楽しく無いからです。生徒と苦楽を共にして、実技テストやコンサートの度に泣き笑い。お互いに一生懸命でなければそんなことは起こりません。そうして、これまでやってきました。

さて、オンラインの話ですが、まず白状しますと、僕はインターネットテクノロジーに弱いです。PCもMacを使っている割には使いこなしているとは程遠い状態です。なぜMacなのかというと映像が綺麗だからです。特に最近は全くテレビを見なくなってしまって、youtubeをどのクォリティーで観れるかどうかがとても重要なんです。すみません、脱線しました。

尚美学園大学ではZoomというツールを使ってオンライン授業を行いました。これについても自分なりに勉強しましたが、普段からPCを使って作編曲や音源作りをしてらっしゃる先生と比べると、本当に子供の遊び程度の使い方しかできていなかったと思います。それでも、授業の内容が貧弱だったとも思わないし、秋学期から対面授業になることを想定して、その下準備はしっかりできたと思います。もし、秋学期もオンラインでやることになったら? それは困りますねぇ。それは、もうオンラインで授業をするためのマテリアルがもう無いから?そうではないんです。それはまだまだあるんですが、オンラインで教えることができるマテリアルだけで生徒は上手くならないからなんです。楽器の音色だとかSwing感だとか、同じ空間に居れば簡単に伝えることができるものを、オンラインでやろうとすると、まだまだ機械がそのレベルに達していないと思います。教えるほうがいくら環境を整えても、教わる方にそれと同様の環境が整っていなければ意味がないですし、アンサンブルの授業に至っては、現在のIT技術では時間差の問題をまだクリアできていないので、成立すらしません。現在オンラインでレッスンをしてらっしゃる方はすでにたくさんいらっしゃいますが、それを否定するつもりはありません。我々もお金を稼がないと音楽を続けていけませんし、オンラインレッスンも需要がある限り供給すべきだと思うからです。

9月28日、月曜日、本年度初の対面授業でしたが、大学院のアンサンブルのクラスは、ちょっと感動しました。ピアノ、ギター、ヴォーカルにベースの僕が加わり、本当なら初めから楽しいアンサンブルのクラスになったはずでしたが、オンラインではアンサンブルは不可能なので、前期はそれぞれに自動伴奏に合わせて一人ずつ演奏してもらって、こちらがアドヴァイスをするという形式で進めてきました。このクラス、生徒は全員留学生で、しかも僕にとっては初めて受け持つ生徒ばかりだったので、とにかく、一人ひとり自由にやらせてみたり、具体的な課題を与えてそれをどう克服するのか試してみたりしながら、一人ひとりの人間性や音楽の嗜好、技術レベルを確認してきました。そうして、初めて一緒に演奏した訳ですが、まず単純に楽しくて、嬉しくて、相当自分自身がハイになっていたように思います。まず、一人ひとりの生音を初めて聴けた訳ですし、また、実際に演奏してみて問題のあるところでは一旦止めて、ステージ上でのコミュニケーションの取り方を説明したりしました。第一回目の授業はセッションを滞りなく進めていくために知っておかなければならないことを、たくさん講義しました。とても意味があったと思います。アドリブの内容に関しては、曲の中で和声的に特徴的な部分はなるべくその特徴が際立つように弾くと、その曲をアドリブしてる感じが伝わって、曲の理解度が高く聞こえるよ、とかそんな話をしました。もちろん僕自身の実演付きで。滞っていたものが滑り出す感じがしました。今後が楽しみです。この生徒たちと、2年間過ごすことができるのは、とても幸せなことだと思います。

その他、今年はエレキベースでジャズ科に入ってきた一年生が居たりと、今までになかったこと尽くしで、一教師として試されてるなぁ。。。と思ったりもしますが、とにかく全力でやるだけですね。全力投球するからこそ、何をやってても面白いわけで、楽をしようとすると、だいたい楽しみを一つ掴み損ねますから。

とはいえ、全ての生徒をプロの演奏家レベルに引き上げるのは難しいです。でも、先ほども言いましたように、僕自身は「この先生と関わることができて良かった。」と思われたいし、音楽以外の道に進む人たちも、ある一つのことに精一杯打ち込んだ大学生活だったと、思えるような時間にして欲しいといつも思います。それは卒業後の彼らの人生に大きく影響してくると思うからです。

ん〜〜、真面目すぎて面白くない文章になってしまいましたが、最後まで読んでくださった方には本当に感謝したいです。ありがとうございました。

今後のライブスケジュール。(9/4現在)

みなさんいかがお過ごしでしょうか?covid-19も先行き見えませんが、この猛暑もいつまで続くのか先行き見えませんね。ライブもすっかり数が減ってしまいましたが、やりがいのあるものばかりで1本1本が楽しみです。特に先日New Albumをレコーディングした井上智さん関係のギグは楽しみですし、僕のOMD+1も最近とても好評をいただいています。ドラムが横山和明君のヴァージョンと安藤正則君のヴァージョンがあるのですが、全く違う個性を持った二人のドラマーがOMDにベスト・フィットなのがとても面白いです。聴き比べていただくとかなり興味深いと思います。

9月8日(火) 江古田 そるとぴーなつ
井上 智(g)3《増原 巖b, 横山和明ds》

9月17日(木) 六本木 Club t
FUKUMI(vo), あさばみほ(vo), with 三木成能p, 増原 巖b

10月1日(木) お茶の水 NARU
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 安藤正則ds》

10月20日(火) 南青山 BODY&SOUL
井上 智(g)4《竹本和広p, 増原 巖b, 高橋慎之介ds》

11月12日(木) 江古田 そるとぴーなつ
井上 智(g)3《増原 巖b, 横山和明ds》

11月22日(日) Big Apple in Nonoichi 2020
<出演者>
ルイス・バジェ(tp), 多田誠司(as、fl),
井上智(g), 増原巖(b), 武本和大(p), 高橋信之介(dr)

ユーリック知子(vo), 中本美智子(vo)
<ホストバンド>
ムーンライトJAZZオーケストラ poster

11月24日(火) 南青山 BODY&SOUL
井上 智(g)4《竹本和広p, 増原 巖b, 高橋慎之介ds》

12月15日(火) 茗荷谷 Galleria Cafe U_U
堀 秀彰p, 増原 巖b DUO

12月22日(金) 南青山 BODY&SOUL
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 横山和明ds》

というわけで、9/4現在決まっている年内のLive Scheduleを全部アップしました。

皆様と、またどこかでお会いできることを楽しみにしています。

OMD LIVE 一部中止のお知らせと、お詫び。

長引くCOVID-19影響下の生活。みなさん気苦労に押しつぶされてらっしゃいませんか? 正直、辛いですよね。 長い梅雨と相まって鬱陶しさが倍増したように感じます。

さて、僕自身も本当に楽しみにしていて、ファンの方にとっても待望であった(と、僕自身は信じている、
OMD+1、3連発のライブが8月21日のBody&Soulの1公演を除いて中止となりました。我々出演者とお店のオーナーさんとの協議の結果、そういう結果になりました。楽しみにしてくださっていた皆さん、本当に申し訳ありません。Body&Soulに関しましては、開演時間等はお店のウェブサイトで小ままにチェックしていただきたいのですが、今のところ、開場18:00、開演 1st 19:00, 2nd 20:30となっています。 Body&Soulだけ予定通りライブを行うのは、やはり会場のキャパの大きさが決め手になりました。大森海岸「佐和」、松戸稔台「ブルートレイン」に、お越しいただく予定をしてくださっていたみなさんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。事態が収束に向かい、ライブハウスで演奏を聴くことに、何もリスクを背負わなくて良くなった暁には、必ず演奏しに行かせていただきます。いずれのオーナーさんともそこはお話がついています。結果的に1公演だけ開催ということになりましたが、その分、その日には我々の全てを出し尽くして、ご来場くださった皆さんに心から楽しんでいただけるように全力を尽くしたいと思います。 

皆様のご来場を心からお待ちしています。

⚫️8月21日(金) 南青山
BODY&SOUL
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 横山和明ds》

⚫️8月28日(金) 大森海岸『ジャズ酒場 佐和 
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 安藤正則ds》
covid-19拡散防止の観点から、中止になりました。

⚫️8月29日(土) 松戸稔台 Blue Train
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 横山和明ds》

covid-19拡散防止の観点から、中止になりました。

7月、8月のLive schedule

covid19緊急事態宣言も解かれ、もう1ヶ月以上経ちましたが、まだまだ油断ならない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? ぼく個人としては、手根管症候群の手術前後、まるまる2ヶ月間楽器に触れていませんでしたので、今は傷口のことより、体が演奏できる状態に仕上がっていないので、まだライブ中にも体がついていけない瞬間もありつつ、なんとか懸命に頑張っています。毎日傷口をいたわりつつも、できるだけ長い時間ベースに触れているようにしています。ベース奏者には一番辛い梅雨真っ只中での現場復帰は、なかなか厳しいですが、早く元の状態に戻して、もっと音楽を楽しみたいです。

7月後半は、リラックスして楽しめる仕事が多いので、無理せずマイペースで調整できそうです。8月にはOMD+1が3本もありますので、そこへ向けて万全な状態で望めるように調整していきたいです。



7月15日(水) 武蔵境 Fontana
ゆきずりのJAZZ
《西山建治tb, 駒野逸美tb, 岩崎壮平p, 増原 巖b, 小沼奏絵ds》

7月22日(水) 六本木
All Of Me Club
しげのゆうこ(vo)4《堀 秀彰p, 増原 巖b, 高橋 徹ds》

7月24日(金) 池袋 Absolute Blue
Jam Session hosted by
守屋純子p, 増原 巖b, 久手徹太郎ds
covid-19拡散防止の観点から、中止になりました。

7月30日(木) 六本木
Club t
FUKUMIvo, 藤田佐奈恵vo, with 三木成能p, 増原 巖b,

8月19日(火) 南青山 BODY&SOUL
井上 智(g)4《竹本和広p, 増原 巖b, 高橋慎之介ds》

⚫️8月21日(金) 南青山 BODY&SOUL
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 横山和明ds》

8月27日(木) 六本木 Club t
FUKUMIvo, with 寺島直樹p, 増原 巖b, 他

⚫️8月28日(金) 大森海岸『ジャズ酒場 佐和 
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 安藤正則ds》
covid-19拡散防止の観点から、中止になりました。

⚫️8月29日(土) 松戸稔台 Blue Train
OMD+1《増原 巖b, 市原ひかりtp,vo, 石田 衛p, +1 横山和明ds》

covid-19拡散防止の観点から、中止になりました。

みなさまのご来場を心からお待ちしています。

残念なお知らせ。

とても残念なお知らせです。今年の4月30日に長年患っていた手根管症候群の手術をしたトピックを、以前FBにアップしましたが、その後の回復が自分の思うように行かなかったため、下記2件のライブを欠場することになりました。
 
6月2日(火曜日)茗荷谷 Galleria&Cafe U_U
  堀 秀彰 piano & 増原 巖 bass
 
6月5日(金曜日)御茶ノ水 NARU
  河村英樹ts, 吉岡秀晃p, 増原 巖b, 濱田省吾ds
 
術後、5月12日には抜糸して、16日にはリハビリを開始しようとしましたが、残念ながら痛くて全く弾けませんでした。次の日から写真の自作のリハビリ器具を使って楽器を弾く前に指を動かすだけの練習から始めてみましたが、結果は同じでした。結局、また楽器に触らない日々を送っていましたが、昨夜同じ要領で器具のリハビリを1時間半くらいやった後、20〜30分ほど楽器を弾いてみましたが、それが限界でした。回復の兆しは見えたものの、皆様の前で演奏できるレベルに調整するのは難しいと判断し、たとえできたとしても、演奏中に無理をして悪化させては、何のためにリスクの高い手術に踏み切ったのか、わからなくなりますので、今回は各バンマスに了解をとって休ませてもらうことにしました。右の写真を見て頂いてわかると思うのですが、前回の写真より見た目はかなり回復しました。ただ、少し時間が足りませんでした。とても残念です。

6/2のライブでは堀君がソロで演奏することになりました。6/5のライブでは安田幸司君が僕の代わりにベースを弾いてくれます。僕の大好きなベース・プレイヤーが代役を果たしてくれると聞いて、ホッとするとともに、とても嬉しかったです。今のところ、どちらのライブにも顔を出そうと思っています。久しぶりのライブ会場の雰囲気を存分に味わおうと思います。

それによって、僕の復帰第一回目のライブは
 
6月30日(火曜日)南青山BODY&SOUL
  井上 智g, 竹本和広p, 増原 巖bass, 高橋慎之介ds
 
になる予定です。今からこの日程に合わせてゆっくり焦らず調整していきたいと思います。
 
バンマス、メンバー、クラブオーナーの皆様には大変ご迷惑をかける結果となりましたことを深く陳謝したいと思います。
 
ファンの皆様には一刻も早く万全のコンディションでの演奏を見ていただけるよう、「頑張りすぎないように頑張ります」!